メニューを開く

一宮市 M様邸 屋根瓦の交換 (雨漏り修理、部分葺き替え、瓦の寿命)

一宮市内で屋根の部分葺き替えを行わせていただきました!

今回は雨漏りのご相談からです!!!

旧工法による土葺きでしたので、土の風化で土がパサパサになり瓦が動きやすくなったことでのズレが発生していました。

 

土葺き工法では瓦自体に問題がない場合でも土が風化してしまうと瓦がズレたりして不具合が生じます。。

また、今回は瓦の凍て割れも発生していました↓↓

瓦は多少水分を内部に浸透します。あまりにも気温が下がると瓦内部に浸透した水分が凍り、体積が膨張します。

それによって瓦が割れてしまうことがあります。

瓦にも寿命があるのか! と不安になった方へ!

この現象は、瓦の製造過程や焼き方、気象条件など様々な要因が一致して起きる現象です!

すべての瓦で起きるわけではありません!!! 社寺仏閣では100年以上経ても尚、瓦自体の性能は現役の物も多くあります!!

万が一、何かあった場合でも瓦一枚の交換からできるメンテナンスの容易性が瓦にはあると私は考えています!!

施工事例に戻ります(笑)↓↓

 

瓦をめくって、下地の土を撤去します。

 

天井裏ももちろん綺麗に掃除します!!下地を針葉樹合板で補強して、現在主流の乾式工法で施工していきました!

 

のし積みを行い

 

完了です!!

葺き土の風化と瓦の凍て割れが原因で大屋根の北面が雨漏りしていましたので、

北面の葺き替えと、南面の瓦の突き上げ、軒・袖部分の固定の為にビス補強工事でした!!

 

 

 

その他の事例

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る

Copyright© 2020 株式会社モリテツ. All Rights Reserved.