メニューを開く

お知らせ&コラム

コラム

2023/11/28

屋根に施工できる鳩よけジェル

こんにちは

一宮市・江南市を中心に、屋根修理・外壁塗装などをしているモリテツです!

近年、鳩による糞被害が増えているそうです。

弊社でもお家の屋根に鳩がとまり、糞被害などでお困りの方からご相談を受けることがありました。

鳩は建物の手すりや屋根に座り、糞で場所を汚したり異臭を放つことが問題視されています。また、鳩の糞にはサルモネラ菌やトキソプラズマといったウイルスが含まれており、感染症や肺炎を引き起こす可能性があることから、高齢者や小さな子供、基礎疾患がある人にとっては注意が必要な動物です。

鳩をお家に寄せ付けないようにするにはさまざまな方法があります。鳩を座れなくさせるスパイク(剣山)や、光を反射するテープなどがその代表例です。

それ以外にも忌避剤というものがあり、今回のコラムではそれについて説明します。

忌避剤とは

忌避剤とは、鳩が特定の場所に近づかないようにする化学薬品や自然由来の薬のことです。

忌避剤には大きく分けて、

・スプレータイプ

・固形タイプ

・ジェルタイプ

の3つのタイプがあります。

鳥の被害が酷くなるにつれ、下のタイプの方が効果的と言われています。

・スプレータイプ

ベランダの手すりなどに吹き付けて使用します。

数時間で効果が無くなるため、普段家に居て鳩が飛来する直前に散布できる方におすすめです。

・固形タイプ

半屋外に置く、天井から吊るすことで鳩が嫌う臭いを放ちます。

水に濡れると溶けてしまうので、駐車場やベランダなどで使用します。

・ジェルタイプ

屋外に最も適したタイプです。触れるとベトベトするので鳩がとまるのを防ぎます。

ジェル剤を剥がすために嘴で足をつつき、その際に不味いジェルが口に入ることで近寄らないよう学習させます。

ジェルタイプの特徴

実際に屋根にジェルの忌避剤を使用した写真がこちらです。↓

屋根全体ではなく、棟に塗るだけでいいのかと思われるかもしれませんが、鳩は屋根の傾斜があるところにはあまり止まらず棟などの平らなところで休息するので、範囲としては十分だと思います。写真のお宅では、棟の周囲に集中的に糞が付いていたため、太陽光パネルの鳩除けネットと共に忌避剤を棟に塗布しました。施工から数カ月が経ちましたが、今のところまた鳩が来たというような報告は受けていません。

ジェルタイプの耐用年数は1年です。それについて、お客様から1年で効果が切れるものではなく、棟の形に沿ってカーブした剣山みたいな、長年使えるものはないかとお問い合わせがありました。

鳥害対策専門の方にも確認しましたが、残念ながら現在そのような商品は無いそうです。(平らな所で使える剣山ならあります)

施工について

気になる忌避剤の施工費ですが、基本的に他の屋根工事と併用するので費用は高くありません。

忌避剤自体も1本2千円程度です。1本で約5m使用できるので2、3本あれば十分でしょう。

忌避剤のみの施工というのもできなくはないですが、鳩被害にお困りの方には、高圧洗浄による糞の清掃とセットで行うことをおすすめします。

ただ、瓦屋根を高圧洗浄で洗うと、棟のしっくいが傷んでしまう恐れがあります。しっくいが傷んだ箇所から雨水が入り込み雨漏りの原因となる可能性があるため、弊社では洗浄後にしっくいの補修を行っています。

屋根の鳩被害でお困りの方はお気軽にご連絡ください。

コラム:太陽光パネルの鳩対策には「バードブロッカー」がおすすめです

施工例:一宮市:太陽光パネルの鳥害対策(コーユー バードブロッカー)


現地調査&見積り無料です

お問い合わせは⇒こちら

インスタグラム@morite2works

施工エリア:一宮市 岩倉市 江南市 稲沢市 北名古屋市 清須市 あま市 愛西市 小牧市 春日井市 名古屋市 羽島市 岐阜市

お知らせ&コラムカテゴリ一覧

お問い合わせ

ページの先頭へ戻る

Copyright© 2020 株式会社モリテツ. All Rights Reserved.