愛知県一宮市の瓦、屋根工事、外装工事、外壁塗装、太陽光ならモリテツ

瓦・屋根の相談Q&A

  • HOME >
  • 瓦・屋根の相談Q&A

瓦・屋根の相談Q&A

誰でも判るQ&A

  • 瓦・屋根のQ&A
  • 外装・外壁のQ&A
  • 太陽光発電のQ&A
  • その他

瓦・屋根のQ&A

屋根のリフォームって、何年ぐらいでしたらいいですか?

粘土瓦(陶器瓦)の場合、きちんとしたメンテナンスさえしていれば、30年から50年位は持ちます。
検査や修理をせずに長期放棄した場合、屋根の下地や屋根を支える構造材にまでも被害が及んでいることがあります。

定期点検は重要ですか?

重要です。点検をしていれば、早期発見早期解決に結びつき、修繕費も少なくて済みます。
当店で工事をしていただいた方は毎年点検ハガキを送付し、必要な方が依頼するという形にしています。

天井に雨染みがあるのですがどうすればいいですか?

すぐに点検をオススメします。
雨漏り個所を発見し、対処したほうがいいでしょう。

外装・外壁のQ&A

見積りをした内容から金額が変わる事はあるのですか?

全くないとは言い切れません。

中には追加工事が必要となる事もあります。

その際は、まずお客様にご相談させて頂き、必要であれば追加の工事をさせて頂く事になります。

 

もちろんお客様の了承を得る事なく、金額を変更したり

勝手に料金を上乗せするようなことはありませんのでご安心ください。

壁をさわると白い粉が出るのですが・・・。

壁を触った時に粉が出る症状をチョーキングと言います。

チョーキングの症状が出ているときは、塗料が劣化して粉化した際に出てきます。

 

その様な症状が出たときは、現場調査を行いますのでお気軽にお問い合わせください。

太陽光発電のQ&A

1軒あたりどれくらいの太陽電池容量があるといいですか?

平均的な一般家庭で消費する電力量は、年間約3600kWhなので、定格出力3〜4kWの太陽光発電システムによってまかなえることになります。

太陽光発電は地震時に使用できますか?

停電になってもパワーコンディショナの自立運転機能により太陽光があたっていれば系統と完全に切り離れた上で自立運転コンセントで電機機器を使用できるシステムもあります。

その他

新たに葺きかえる屋根材は、地震のために軽いほうがいいのですか?

構造材と施工さえしっかりしていれば、どんな瓦でも十分地震に耐えられます。
既存の土葺き工法から引掛け桟工法に葺き替えると重量は約半分になります!

瓦屋根は重いから地震の時に家が倒壊するって本当ですか?

テレビで見る映像は屋根はそのままで建物がつぶれている状態が放映されています。
倒壊原因は建物の構造上の問題や地盤の問題がほとんどです。

屋根のリフォームでもローンは使えますか?

使えます。
屋根工事店がクレジット会社との提携ローンのほかに、民間金融機関や自治体、または住宅金融公庫でも「リフォームローン」を設けております。

屋根の点検だけしてほしいのですがいくらかかりますか?

基本的に頂いておりません。まずは無料にて屋根の診断をさせて頂きます。
しっかり屋根に上がり、実地調査をさせて頂き、診断結果を写真をと共にご報告させて頂きます。

瓦は高いって聞いたけど方本当ですか?

たとえばスレートやセメント瓦は、経過による痛みが大きい為10年後には補修が必要となりコストがかかります。
瓦は30年位もちますので、年月と共に維持費の差は、大きく開いてきます。

お問い合わせ

Copyright (c) 株式会社モリテツ All Rights Reserved.Created by Co., Ltd アババイ.

株式会社モリテツ

上に戻る